背中の脂肪に気をつけよう

自分の目で見ることができな背中にまったく気がつかないうちに脂肪がついてしまうことがあります。後姿は、人からの印象を大きく左右するものです。自分では見えないので、あまり気にすることが少なくなりがちですが、よくぴっちりしたTシャツの背に、ブラジャーからはみ出しているお肉がはっきり見えていたりすることもあります。きれいにおしゃれをしていてもこれでは台無しです。そして背中が丸まって猫背になっていたりすると老けて見えます。これも背中の脂肪が原因です。その反対で若々しく見られる人は、姿勢がよく、背中にだぶついたよけいな脂肪が無くすっきりとしています。また余分な脂肪が背中についてしまうと、腰痛や肩こりの原因にもなります。背中の脂肪は一度ついてしまうとなかなか取ることができません。手や足のように動かすことが少ないからです。大切なのは姿勢を良くすることです。日頃から背筋をしゃんと伸ばして歩きましょう。脂肪をつきにくくするには、常に背中を意識することが重要です。一度ついてしまった背中の脂肪はなかなか取り除けません。背中を伸ばしてきびきびと動けば脂肪が背中につくのを防ぐことができます。日頃家事をするときなどにも意識してみましょう。